FC2ブログ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【クリテリウム】2018 COUPE DE AACA 第3戦 1-1【ホビーレース】
2018初のAACA。
いつもの長良川のコース・・・ではなく、いなべ梅林公園・・・でもなく、
新城(しんしろ)の鬼久保ふれあい公園にて。
こ↑こ↓は出たことがなく、前情報では上り下りしかないキツイコースだとか。

実際キツかった・・・。
が、距離が40kmしかないのと、KINANの選手たちに引くのを任せたおかげでまだ楽だったかな。


写真 2018-03-31 13 54 16

結果は3人の逃げのケツを取って3位と、周回賞のイナーメスポーツアロマ賞。
優勝はKINANの新城(あらしろ)選手。
ややこしいわ!

以下レポート・・・を見るのがめんどい人はFRESH!での録画をドゾー↓



最近夜明けが早くなってきたが、太陽が顔を出す前に起床して大阪を出発。
新城まで約250km。
ギリギリノンストップで行けるかな、と思うも刈谷手前で限界に達する。
20分ほど仮眠をとってから再出発。

会場である鬼久保ふれあい広場は山の上にある。
その道中の道のりはこんな。

写真 2018-04-01 15 13 53


超絶山道やんけ。
仮眠無しで行ってたら確実に死んでたでござるな。
ただ、ポイント打ってる更に下から行くと20kmくらいはノンストップで走れるので練習にはいいなーとちょっと思ったり。
帰路についたときには何人かとスレ違ったから走りに来る人は多いんだろう。


会場についたあとは設営して昼前までお仕事。
そして11時頃から準備をし始める。



アスリチューン赤を流し込み、トイレに行くもンコーはでず。
いつもより標高も高いので日焼け止めも忘れずに。

いつものルーティンだが、時間がなくアップができない。
軽く乗ろうと思ったときにカコさんに呼び止められる。
どうやら私の脚が気になったようで、簡易ベッドに仰向けになって揉んでもr


写真 2018-04-01 15 11 40写真:小嶋氏

ン ゙ン ゙ン ゙ン ゙ン ゙ン ゙ー!!!!!
ダメです!ダメ!そんなとこそんな強く押したらアッー!

そのあとのことはよく覚えていないが、次自転車に乗った時に脚が軽くなっていた。
今日は行ける気がするー!
カコさんありがとうございました。


さて招集。
準備が遅かったこともあり、スタート位置は最後尾。

写真 2018-04-01 16 01 53写真:カコさん

写真 2018-04-01 14 32 31写真:カコさん

そこに陣取るイナーメ3人衆。
お前らのケツは俺らに任せろー。


定刻になりレーススタート。
いつも通りローリングスタートで上りに入るまで。
ちなみにコース図はこんな。

名称未設定

反時計周りの1周1.4kmを30周で40kmほど。
これの下側1/3程と、最終コーナーからコントロールラインが上りとなる。
回せる上りなので勾配はそこまでキツくないが、徐々に脚を削られる仕様となっております。

そんな上りでリアルスタートが切られ、キナンの3選手が勢いよく上げていく。
AACAは去年からだったか、ファーストラップ賞と呼ばれる賞ができた。
1周完了時の1位通過者に商品が贈られるというもの。
完走を条件としない為、それだけ取りにいく選手もいる。
ていうか今回取ったKINANの椿選手がそうだった。

ということでファーストラップ賞は取り損ねたが、次に向けて位置を上げていく。
ていうかコース知らんから取りに行こうとすらしてねーけど!

序盤はまだドンパチやりあっててスピードが速い。
そんな中、位置を上げようとしてか、私の走りがウザかったのか、私の前に入ろうとする選手が。
2回ほど割って入ってこようとしたので断固阻止。
向こうも譲らなかった為肩が触れ合うが、見事にはじき返す。
体重はジャスティス!

アタックの応酬の中で、元チームメイトの若杉ちゃんが調子よさそう。
ここまでで一番差が開いた時も若杉ちゃんが乗っていた。
が、コーナー遅いのは相変わらずやな・・・。精進せーよ・・・。

7周目か8周目だかで一度集団が横に広がるくらいペースが落ち着く。
あぁー、ここで行ったら決まるんだろうな。
と思うが自分では行きません^p^
結局その周は誰もしかけず。


その次の周。
上りで56さんがアタック。
コレや!と思ったので反応し、頂上付近で56さんにタッチ。

しかしその後ろからキナンの選手がかっ飛んでいく。
そのキレの良さオイラにおくれー、と思いつつ、すかさず進路を変えて後ろに張り付く。
下りで後ろに付けたので楽ちーん。

2人でできるだけ回していると、上りでチーム光の選手がジョイン。
キナン新城選手が「決まるよー」と声をかけてくれる。
そこからはほぼ全開でローテーション・・・するフリ
だってここが今回一番キツかったんだもん。
逃げれそうなコースだからこのまま逃げ切りたいし、脚は残したい。

でも3人はつらい。
あと1人・・・あと1人来てくれ・・・と祈りながら自分の都合のいい場所でローテを行う。

祈りが通じたのか、その2周後くらいの頂上付近で「休ませてー」の声。
後ろを振り返るとキナン中西選手が単騎でジョイン。
(゚∀゚)キタコレ!!
これで後ろはキナン3人しか残ってない(実際には既に1人)し、このメンツならいけるで・・・!


そのままコントロールラインを通るとブザーの音が。
この周が周回賞のようだ。
ここは取っときたいなー、と他の3人の顔色を窺う。

中西選手は追いついたばっかだから取りに来ないだろう。
チーム光の選手は一番キツそうなのでこれも無い。
ということで、新城選手だけ見とけばいいという結論に。
私もしんどいフリをしながら上りをこなして、虎視眈々とイナーメオイルを狙う。

最終コーナー。
先頭で入ったのは中西選手で、その番手。
少し上った後に後ろから来る気配がないので、そのままチョイ差しで無事ゲット。
そもそも3人は興味なかったか。

その動きでチーム光の選手が遅れ、再び3人パックに。
上りで上げようとすると中西選手に「後ろバラけてるから」と制止される。
あ、そうなん?とそのまま従ってちょっとキツめのサイクリングペースに移行。
楽ちーん。


そのまましばらく下りだけ踏む気持ちの良いペースで進行。
ただこうなると周回数が気になってなかなか時間が経たない病に陥るのよね。
ぜってー何周か多く走ってる。
間違いない。

そういえば今日はこんな逃げるとは思ってなかったので、バックポケットに何も仕込んでいない。
とりあえず今日は何も持ってないよ!ってアピールするために回収車が後ろについたときに手をフリフリしてみる。

29750110_1039901382850109_3174204236342548339_o.jpg

いつもなんかやってるからな!一応な!
が、ちょうどこの時後ろから何人か追走が来てたようで、撮影班の意識は後ろに。
全くこの動きに触れられずただただ無意味な動きになったのでした。

もうひとつ気になってたのが、あと一つある周回賞。
NORTH WAVE賞として、これは周回数が定められておらず、
主催側がその日その時の気分でランダムで決める。
だからファーストラップ賞の翌周でブザーが鳴ることもあるし、ラスト2周で鳴ることもあるわけだ。

これがラスト5周になってもまだ鳴らない。
これはまさかのラスト2周で鳴る可能性あるで・・・。

その前に集団が追いついてきそうになったので、こちらもペースアップ。
上りを踏み出したので辛くなってくるが、残りは少ないので我慢。

そして残り3周でブザーの音。
流石にラス2は無かったか。
ここも興味ないかな?と先頭で最終コーナーに入ると、見事に上げてきてかっさらわれる。


ラスト2周。
上りで仕掛けられるも、すぐに踏み止める。
ちょっと上りが短すぎるか。

下りも今まで通りで、そのまま3人仲良く最終周回へ。
ここからは確実に逃げられないからスプリント勝負になるだろう。
そうすると最終コーナーを先頭で抜けないとトップは取れない。
下りで脚は使いたくないから、平坦になったところで一気に前に出よう、うんそうしよう。

プランは決まった。
あとはその通りにするだけ。
上りでアタックはかかるだろうので、先頭を自分のペースで引く。

案の定中腹付近で新城選手?がガツンとアタック。
私も反応はするが、キレがないのでまっっっったくついていけず。
頂上に着く前に、あ、ヤベ心折れそう、と弱気な自分が顔を出す。
しかしこんなところで千切れちゃダサすぎる、というプライドも顔を出してきたので気合で踏む。

キナン二人がドッキングしたこともあって踏み止めたおかげで私も下りに入る前に捕まえる。
あぶねーあぶねー・・・そのまま踏まれてたら確実に終わってたぜ・・・。


さて、下りも終わってここから例のプランに移行したいところだが・・・。

二人とも車線いっぱい使ってて前に行けない!

いや行こうとしたら行けたんだけどね?流石にちょっとでもひっかけて選手転ばしてもなぁ、ってね?
その後1列になったから最終コーナーまでに差し込む案もあったけど、その方が危険なので却下。
結果最終コーナーを3番手で曲がることに。
あと5歳若かったら確実に行ってたな・・・。

最終コーナーを曲がり、インを付けれたらワンチャン。
しかし流石にそうは問屋がおろさない。
インのインをふさがれてたので一瞬脚を止めてしまい、もうそこで終了。
そこから必死でモガくも、後輪はボヨンボヨン跳ねさせるしそもそもブラケットもってるしで伸びず。

結局最終コーナーを曲がった順で勝敗は決しましたとさ。
スプリントへたっぴ。

徐々に色々レベルアップしてきている今大会。
次の第4戦の長良川大会もFRESH!で配信されるそうなのだが行けないのが残念。
バックポケットスポンサーアピール だれか たのむ。

スポンサーサイト
自転車レース | 【2018-04-01(Sun) 18:47:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。