カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【クリテリウム】第3回 JBCF おおいた いこいの道クリテリウム P1【実業団レース】
初の大分クリテ。
祭り感があってとても賑やかで、こういう大会が増えればいいなぁと。

レースの方は、今回はJCオープンと違って意気込みが足りなすぎた感じ。
以下レポート↓


金曜日の朝から川崎氏と井上氏と移動。
先週は東に行ったのに今度は西だよ。
どんだけ移動すんだよデミオありがとうございます。

ということで酷使しきってるデミオに感謝の意を込めて、JCでも入れたフューエルワンを再度ぶち込む。
これでいくらか燃費上がるやろ!
乗ってる人間と積んでる自転車違うから比較できんけどな!!!

比較と言えば、私の体は比較しやすいのでJC前と今回と比べて見る。
体組成計新調して管理しやすくなったからナー。

写真 2016-10-21 6 33 26

これがJC前で

写真 2016-10-21 6 33 26

これが今回。
な、なんか今回の方がええ気がするやないか・・・。
JC前に絞ったと言ったな、あれは嘘だ。

そんなウホッ、いいカラダ・・・な状態ではあったが、大分に着いてから晩飯何食うかーと話しているととり天の話題は絶対出るわけで、


写真 2016-10-21 6 33 26

我慢できませんでした☆
レース前?そんなの関係無ぇ!
アブラは美味いしエネルギーになるんや!
我慢しても身体に毒なだけや!

と言い聞かせつつ、割とボリューミーなとり天弁当(500円税込)をたいらげたあとロールちゃん(500kcal)も胃の中にシュゥゥゥーッ!
もうシーズン終わりだからって超!エキサイティン!な食生活。
悔い改める気はない。

満腹だったからか、ベッドに横になると即就寝。
何度か目覚めつつも朝を迎える。
朝飯は前日食い過ぎたから軽めにして、レーパンだけ履いて会場へ向かう。
け、決して上裸って訳じゃ無いからな?


写真 2016-10-21 6 33 26

会場へ着くとまだ人はまばら。
自転車を走れる状態にして、チームの方々が来てから設営。
別のクラブチームも招き、クラブチーム連合で場所を広めに取って快適空間を作る。

試走は時間が短かったのとコーナーの感触を確かめたかったのとで強度上げ目で走る。
S/Fラインから100m程走ったところに180度ターンがあり、滑りそうな路面では無いが集団で突っ込むとやらかす予感がする。
その他クランクや90度コーナーは特に問題はないかな。
そこまで速度の上がるコースでもないだろうし、位置取りだけかな。


写真 2016-10-21 6 33 26

試走が終わって時間が空くのでエリートのレースと共に色々なブースを見学。
お祭り模様でかなり賑やか。
ベルギーのケルメスがこんな感じよね。

とブラブラしてたらPの予選が。
1組目は3人中2人通過し、次は私とユキの番。
召集場所に早めに行き、スタート位置は最前列をゲッツ。
50人くらいの出走で35人勝ち上がりなので、特に気負わずリラックスしてスタートの時を待つ。

定刻通りレーススタート。
まずは様子見しつつ、集団で走りやすいラインを探る。
何周かして、全部アウト側を行った方がストレスは少ないとわかる。
ただホームストレートは風を受ける位置なのでそこをいかに凌ぐか。

逃げができないまま周回を重ね、位置も10番~20番をウロチョロ。
ペースは速くなく、上がることは難しくないので最後のごっちゃりに巻き込まれないようにだけ注意を払う。

残り3周頃から集団が密集し出し、そこで落車が起こった際にユキが巻き込まれる。
私も残り2周で危なかったがなんとか回避して最終周回。
同じような位置のまま最終コーナーを曲がり、安全圏に入ったところで後ろに迷惑にならない程度に踏みやめてゴール。
20位で予選通過。

ダウンをして、決勝までまた予選前と同じように時間を過ごす。
決勝前にはパレード走行があり、一般の方も混じってコースを走る。
観客の方々も全く知らないだろう我々に手を振ってくれるので振り返す。
手を差し出して来た女子高生(中学生?)にはタッチして応える。
手は洗わないでおきます!
ご、合法だよな?

パレードから30分ほど空きがあったのでテントでゆっくり。
時間が迫りそのままスタートラインに向かおうとしたが、直前に催してきたので近くのホールのトイレに駆け込む。
なんだ俺キンチョーしてんのか?と心拍計を見ると120bpm超えてる。
どうもキンチョーしてたみたいです。
体は正直だなぁ、ぐへへ。

ウンブリアしてからスタートラインへ。
流石にすでに並んでる選手が大勢おり、4列目。
しかしもう1周パレードがあるみたいなので、そこで上がりたいところ。

パレードが始まり、ささっと先頭まで上がる。
しかしホームストレートで端から来られ、2列目。
まあ2列目ならいいか、と思っていたがその位置が悪かった。

決勝がスタート。
前の選手がクリートキャッチでもたつく。
それは回避するも、ファーストアタックに参加しない選手がゆっくり立ち上がり埋もれる。
2列目の意味!

180度ターンを回った頃には先頭は海原はるかかなた。
ドンパチやってるのに乗りたいが、そこまで行くのに私の脚じゃ中途半端すぎて無駄に脚を使うだろう。
頼むからすぐ決まるなよ、と神に祈りを捧げながらでレースを進める。

その祈りも虚しく、数周で逃げが決まる。
追走に行くメンツもいるが、大体の主要チームが入っていた為皆踏みやめてしまう。
それでメイン集団は一気に団子状態に。

逃げは協調して逃げ続け、メイン集団はペースの上がり下がりが激しく差は開き続ける。
たまに追走の動きが入り、私も乗って行くがやはり踏みやめる&集団も逃したくないからかすぐに吸収。
ずっとその状態でレースは進む。

1.1kmのコースなのでみるみる内に周回数は消化され、10周目と20周目にある周回賞もあっという間に終わる。
30周のレースなので残りは10周。
差は既に40秒以上。
最終的に50秒以上開いたのかな?
これラップされんじゃね?等と思いつつ、集団にしがみつく。

残り数周でメイン集団もポイントの為に位置取り争いが激しくなり、罵声が飛び交う。
あーこわいこわい、できるだけ近寄らんとこ!
と思ってたが、180度ターンで膨らんできた選手が近づいてくるではないか。
超反応で私もバイクを立ててハスるのは回避。
しかしそのせいで私も膨らみ、反対側にはマットが見える。
カオスを超えて終末が近づく!

\(^o^)/オワタ

なふいんきが漂っていたが、なんとかマットに擦り付けられるだけで済む。
ふぅ、柵の足が出てたら逝ってたぜ・・・。
ハタから見てたら何やってんのお前?って感じだっただろう。
そこまで減速もさせられなかったので、そのまま立ち上がって集団中腹に。

残り2周。
なんとかポイント圏内の20位以内を目指そうと前まで上がって行こうとする。
が、ラストラップでも上がりきれず、そのまま前の選手達がスプリントをするのを刺すこともできずにゴール。
28位という結果で終わった。


写真 2016-10-21 6 33 26

写真 2016-10-21 6 33 26

レース後はユキの見つけた温泉に入りに行き、宿の飯をたらふく食べた上に買い出しで更にカロリー補給。
明日は120kmだからな!エネルギーは必要だからな!

ただ去年20人くらいしか完走してないみたいですが、どうなるやら。
がんばります。
スポンサーサイト
自転車レース | 【2016-10-29(Sat) 22:16:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。