カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【クリテリウム】第8回 JBCFみやだクリテリウム P1【実業団レース】
Eクラスタでは大好物な、しかしPクラスタでは吐き気を催すレース。
四角と8の字を合体させたようなコースで、直角コーナー8つと200mほどの坂を含む為、前々でいないとすぐさよならバイバイ。
ほぼ農道なので道も細く、前へ出ようとしても出づらい。
故に、脚もだが集団内の位置取りのうまさが求められる。

え?私?
直角コーナー大好きマンだけど最近の落車の多さ見てたら安全マージン取っちゃってアボンしました^p^
転びたくないでござる!

以下レポ↓


一緒に行動していたイノウエ氏、アタルちゃんの3人の中で一番早く寝たのに、起きるのは一番遅いというぐーたらぶりを発揮しつつも6時過ぎに起床。
そんなに時間があるわけでもないのでささっと準備してアタルちゃんの運転で会場へ。
車中で朝飯をパクつくが、腹が減ってない。
土曜のヒルクライムは40分しか走ってないし、最後まで全開でもなかったし、69kgだもんね、エネルギー有り余ってるよね。
予選は十数kmなのであとでジェル飲めば全然足るだろう、と感覚を信じてパン一つで朝食はおわり。

会場に着き、まず自転車のセッティング。
昨日入ってたギヤに入らなくなってたのでアタルちゃんに直してもらう。
するとスパスパ決まるようになった。ありがたう。

今日も暑くなりそうだったので日焼け止めは多めに塗りこむ。
秘伝ドリンク ツラナインとアスリチューン エナゲインも摂取し、早めにサインに行ってからアップ&トイレ。
宮田村はトイレの数が多く、あまり待たなくてよい。
洋式が増えれば更に良いのだが。
ただ食ってないのであまり出ず。

イノウエ氏が1組目なので応援も兼ねて早めにスタート地点へ。
チームテントで経口補水液を流し込み、レースを観戦。
メイン集団がゴールし、予選通過の25位が確定。
そこにイノウエ氏の姿はなかった。アーメン。
というか、アナウンスを聞くと1組目はチーム誰も残ることはできず・・・。

湾岸の二の舞は避けたい、と気合を入れてスタートラインへ並ぶ。
早め北津守来たつもりだったが、既に3列目。
だけど最初はローリングだし、そこで上がろうと落ち着いてスタートの時を待つ。

定刻通り予選スタート。
1コーナーを抜け、下り基調の農道を進む。
のだが、なんか速くねっすか?
これは、まさか。

_人人人人人人人人人人人人_
> ローリングスタートじゃない <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

ローリングじゃないとわかったら即行動。
縦2列くらいで進む集団の左から抜いていく。
2コーナーまでに10番手くらいまでは上げたいなー。

しかし20番手程で2コーナーに。
そこからコーナーで減速する度に空きがあるところを見つけてはねじ込んでいく。
そのままの位置で1周目完了。

2周目、コーナーと立ち上がりで違和感。
いつもより素直に曲がれてる気がするのに、立ち上がりで前とあいてしまう。
もちろん転びたくないから安全マージンはとっているんだけど、それ以上に。
ふとここで気づく。

いつもとホイール違うんだった\(^o^)/

25C故の若干の重量増がそうさせているのか、ただ慣れていないからまだ扱えてないだけなのか。
いずれにせよ修正は必要。
踏んだら伸びることを考慮しつつ、試行錯誤を重ねる。

3周目、丘の強度がキツい。
無い上半身を全部使って脚を使わないようにし、4周目に備える。
あわや遅れそうになりながらも、後ろの選手に下りで押してもらってなんとか食らいつく。

そして最終周回の4周目、同じように丘で位置を下げて何車身も空いてしまうが、後の下りとコーナーでの減速で追いつく。
この時点で後ろを振り返ると誰もいない。
最後尾じゃないですかーやだー。
このままじゃまた予選落ちしてしまう・・・。
しかしここで天の声が。

「25人ー25人ー。」

い、今の声は真か!?
最後尾の私は必死に前の人数を数えだす。
しかし脳が回ってなくてただ数えることすらできない。
首を上げてキョロキョロしてる様は滑稽だっただろう。

最終コーナー前の上りで再び数えると、多分24人。たぶん。
しかし油断は禁物なので、数人だけ抜いて位置を上げ、そのままホームストレートに。
そこからは皆モガきだすが、私は脚が残っておらず再び最後尾に落ちてゴール。
不安だったのでゴール後皆流しているところを数えるとやはり24人。
予選通過を確信し、ほっと一息。
湾岸の二の舞にはならなかったぞ・・・。

E1のアタルちゃんの予選を応援してから買い出しへ。
この気温なので氷はマスト。
その他飲み物を多めにと、しょっぱい系の食べ物も。
とりあえず体が欲してるものを買い込む。

決勝は13:20からなのでそれまでお昼寝( ˘ω˘)スヤァ
日陰は涼しくて気持ちいい。

1時間前にノソノソ起きて再準備。
水分とって、エナゲインとって、アップして20分前にはスタート地点に。
今回は暑さもあってか来てるのは1人のみ。
その横に陣取って時間まで待機。

コースがフリーになり選手が雪崩れ込む。
無事最前列をゲッツ。
と、ここで一つあることに気付く。

あれ?俺決勝の目標考えてなくね?

苦手意識バリバリだったので予選通過のことしか頭になかった。
そのことに気付くと焦りからか心拍数が跳ね上がる。
この時点で勝敗は決しているようなもの。
とりあえず昨日追い込めなかったから追い込み切ろう、と漠然とした目標を定めて決勝が始まる。

1周目から速度は速い。
が、コーナリングと立ち上がりにも慣れ、予選のように位置取り争いも激しくないので、スムーズに集団が流れキツさは感じない。
嘘です。キツかったです。

2周目からアタック合戦が始まるが、すぐに吸収されてを繰り返す。
3周目、そろそろ決まって~というところで2、3人抜け出したので心の中でガッツポーズ。
しかしやはり半周ほどで吸収され心の中で舌打ち。
ザ・他力本願。

5周目、丘を下った後のコーナーでブチブチ切れている。
私のいるグループから飛び出す選手もいるが、私は集団後方で息絶え絶え。
前に飛び出そうとする脚もメンタルもなく、半分屍の状態で集団にひっつきホームストレートへ。

S/Fラインを抜ける時に周回板を確認すると[6]の文字が。
あれ?今5周終わったよな?
周回板っていつも数字小さくなっていくけど、まさか?

そのまさかで、次の周が終わると[5]という数字が現れる。
キツさで時が飛んで1周数え間違えた。
このおかげで一気にメンタルに来る。
もうだめだぁ・・・おしまいだぁ・・・。(CV:ベジータさん)

運良くそのあとはペースが一気に下がりサイクリングに。
前の十数名に全チーム入ってるもんな。
そこに入れなかったことは今考えない。泣くから。

1周休んで、あれでもこのペースって足切りあるんじゃ・・・と焦り前へ出てシエルヴォの選手と引きはじめる。
しかし前を引くのが二人で、ペースを上げても後ろがついてこないのでモヤモヤする。
その状況に業を煮やしたのか、キナンの選手が一人飛び出していく。
思えばここでついていけばよかったが、この時そんな余裕は無かった。

ラスト3周を引いていると、コーナー毎に後ろと離れていくのでもうどうにでもなーれ♪と下りが終わった後に踏んでいく。
一人でペースを刻んで淡々と。
コーナーも躊躇しなくていいのでギリギリを攻める。
こういう時25Cは安心して攻めれるから良い。

最終周、だんだん脚に力が入らなくなってくる。
が、先頭からこぼれた選手も段々近づいてきていたので、追いつきたい一心でペダルに力を込める。

最後の上りに入る前に後ろを振り返ると集団はすぐそこ。
前とは縮まってないので、なんとか後ろからは逃げ切りたい。
上りで最後の力を振り絞ると、その直後の下りは全く踏めず。
なんとか2踏みだけして速度を乗せて、残り1km。

上り基調の観客の多いコーナーを抜けていく。
もう誰が応援してるかわかるほど速度は落ちてしまっている。
集団もすぐそこ。
脚に力は入らないので、できるだけ状態を伏せて速度を稼ぐ。
上り切って追い風のホームストレートにさえ入れば・・・!

しかし、ついに残り500mで吸収されてしまう。
あれ、3年前もこんな感じだったような・・・。
そして最終コーナーを抜けてモガきだす集団についていけず、そのまま一人でホームストレートを走りゴール。
31位という結果で終わりましたとさ。

その後E1決勝では知り合いが熱中症でぶっ倒れたので、この時期の水分+ミネラル補給は多めにしとかないとダメだと再確認。
毎レース経口補水液を持ってきてくれる監督には感謝感謝です。

後でリザルトを見ると、あのまま逃げ切れれば20位以内には入れてたようだったので悔しさが残る。
次の実業団レースはしばらく空くけど、間にホビーレースをちょこちょこ挟んで調子を上げていきたいですな。
スポンサーサイト
自転車レース | 【2016-08-11(Thu) 11:37:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。