FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【耐久レース】2016 第4回 バイちゃり耐久レース【ホビーレース】
ミニバイク×自転車のフュージョンレース。
それが、バイちゃり耐久レース。

私はバイクに乗れないので、自転車の方だけ参加。
結果、自転車関わった物は賞4つ取って総ナメ。
当たり前か。

大人げないレポ↓


前日、朝から十三峠に行ってBicicorsa AVELの阿部店長に作ってもらったメニューをこなす。
割といい感触で練習を終え(達成できたとは言ってない)、まったりしてると知り合いに遭遇。
全盛期は13分フラットで上っていた彼ですが、今では13分19秒まで落ち・・・って全然落ちてねーよバケモンか。
4kmで2分半の開きはヤバい。
と思いつつも、もう俺選手に専念してるわけじゃないし・・・と言い訳しつつスタコラ逃げ帰る。

午後は洗車しつつ軽く調整も。
そういえばサドル借りてたんだった、と交換してとりあえずポン付け。
高さとか前後位置は全くいじらず。
ロードで走るのは1km程だし、どうとでもなるでしょー。

さて当日。
会社のパイセンが営業所まで来てくれるということで、営業所まで自走。
ろくに寝れてない&起きざまで自転車に乗った為か全くパワーがでない。
ていうかペダリングがかなりギコちない。
あれれー?おかしいぞー?と思ってから、そもそも昨日サドル変えてたんだ、と気づくまでに数瞬かかったのは内緒。

営業所に到着し、車に荷物を積んで、もう一人を迎えにいき、本日の会場である近畿スポーツランドへ。
エンジン付きは速くてよかね。


写真 2016-05-15 6 50 04

会場に着くと既に他のパイセン方は到着していた。
午前中にミニバイクのレースをやるので、そちらの準備も粗方終わっているようだ。
なので私は昼までやることがない。
それで気が緩んだのか、腹も緩んで便意がマックス。
粗相クソそそくさとトイレに行って踏ん張る。
最近トイレが新しくなったみたいで、洋式に変わったのは有り難い配慮。

スッキリしたあとにライダースミーティングへ。
説明を聞いていると、どうやらこの4回目にしてやっと晴れたみたい。
いやー俺も5、6年の月日を重ねてやっと雨男から晴れ男に変わったかー!
あとは工事男からの脱却のみ・・・。

ミニバイクレースの定刻になり招集がかかる。
ミドルクラスとルーキークラスがあり、まずはルーキークラス。
私達のチームもコレに出る。
1チーム4名までだが、私達のライダーは2名。
もう一つの身内のチームは3名で回す。

私達を含めて参加チームは6チーム。
ミニバイクは90分の耐久で、大体1周が50秒程なので、ざっと100周以上。
1人だったら絶対途中で集中切れる自信ある。

スタート時間はおおざっぱにしか決めておらず、ゆるーくコースイン。
ルマン方式で、日章旗が振られた瞬間にスタート。

写真 2016-05-15 8 58 04

6人が一斉に駆け出し、バイクに跨ってスタート。

ここからはひたすら応援。
といっても、何か言っても聞こえるわけじゃないので腕をふるだけ( ゚∀゚)o彡゜

写真 2016-05-15 9 11 09

初めて見たけど、ミニバイクでも膝擦りながら曲がるもんなんだねぇ。
自転車じゃそんなに倒せないから新鮮。

終了の時刻が近づき、ライバルの1チームとデッドヒートを繰り広げるが、あえなく2着ゴール。
しかし、絶対に切ってはいけない近スポ1周49秒でライバルチームが何回か切っていた為、まずミニバイク部門は優勝。
午後の自転車レースに向けて弾みがついた。

ミドルクラスの時間は皆でBBQをしながらゆったりとした時間を過ごす。
私は眠気の限界だったので少々お昼寝も挟む。

午後一のレースはスプリントレース。
自転車の大人と子供、ストライダー、台車、とバラエティに富む。
私はもちろん自転車の大人クラス。
台車も気になったんだけどNE・・・。

大人クラスはコース半部を4周で、6人が出走。
私と身内のもう一人が20代、40代が2名と、あとの2人は10代前半。
10代前半てまだ子供やん・・・。
しかも我々はロードなのに皆ママチャリ・・・。
絶対勝ってまいますやん。
もー、しゃーないなー、特別やで?

おじさんが社会の厳しさ教えたるわ!

ということで全開で飛ばして1LAPして勝ちました。
おらぁ!見たか!これが機材の差じゃ!

はい、大人げない醜態を晒してしまいましたが、最後のレースです。
最後は自転車の60分耐久レース。
こちらは機材縛りがあり、電アシやロードでは出られず、6段変速以下のママチャリかそれに近いもののみ可となる。
まぁでもママチャリで大阪から東京まで行った身としては何ら問題はないな?

自転車耐久はルーキー、ミドル入り乱れてのレースとなる為、20人近くがコースイン。
私も一走目なのでコースに入ってスタンバイ。
最後のレースなので気合が入る。
ママチャリには流石にパワーメーターがついてないため、心拍計もしっかり装備して最近購入したSUUNTO AMBIT3 VERTICALでログを取ろうと試みる。
数値厨ここに極まれり。

これまでと同じように日章旗が振られて、ルマン方式でスタート。
スタート位置が後ろだったため、流石に1周目はどうしようもないが、2周目からトップに躍り出る。

そこからはお察しください。
早いチームが2分とかで回るのを1分半で回っちゃだめですヨネー。

15分ほど走った所で交代。
今回は私含めて5人いたのかな?
2周か1周毎に交代していき、2位のチームに抜かれたところでまた私が10分ほど走って抜き返す。

ラスト10分で1週ずつ交代し、アンカーは私が努める。
ここで、1回目に交代した際スントの一時停止押して次走った時に再開を押してないことに気づく。
萎えながらもホームストレートに入り、チェッカーフラッグが振られたことを確認して右手を上げてゴール。
いやー圧勝でしたな!ハッハッハ!

もうほんと皆さんすいませんでした。


写真 2016-05-15 17 31 00

表彰式では、ミニバイク、スプリント、自転車、自転車の最速ラップ、総合の5つの賞を取れたので賞品はホクホク。
じゃんけん大会もおこなわれましたが、流石にこっちは勝てませんでした。
ていうか勝ってたら完全にバッシング受けてたでしょうNE!
そして日が暮れる前に賞品を分け分けして、帰路につきました。

という楽しいレースがありましたとさ。
探せば色々あるもんですね。
来年はもっとゆるーりと出たいですねぇ。

出禁じゃなければ。



スポンサーサイト
自転車レース | 【2016-05-17(Tue) 01:09:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。