FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【タイムトライアル】2016 第5回 チームタイムトライアル南紀白浜 P1【実業団レース】
先週の伊吹山から一転、和歌山は白浜で平坦のレースが2連戦。
・・・の予定が、クリテリウムが中止となったのでタイムトライアルのみ。
エリートツアーは個人TT、プロツアーは6人でのチームTT。

我々のチームの結果は9位。
チームTTは日頃チーム練してるとこが強いやね。

以下レポートを↓


白浜は大阪から近いので今回も朝移動。
イノウエ氏とドメさんの3人で、ドメさんチョイスのミュージックを垂れ流しながら、阪和道を南下する。
白浜までできてなかった道ができたことによって、より楽に行けるようになったのは大きい。
ありがとうNEXCO西日本。(でいいのか?)

会場に到着し、DHバーを装着してホイールは前40mm、後ディスクに変更。
久々のTT仕様で気分もアガる。
これで平均時速2km/hアップや!

チェーンオイルはチェーンルブリキッドのパワーをチョイス。
TTなのでそこまで変速しないのと、大体一定のペースで踏み続ける為。
千切れられないから足に負担も少なくしないとね。
これで更に+1km/hアップや!

そんなこんなしてる内にいつの間にか試走の時間が始まっている。
チームのメンバーも既に行っていたので、焦りながら準備を済ませて私も向かう。

全員揃ったところで合わせ開始。
メンバーは岩月さん、ポールさん、大東さん、ユキ、龍太郎、私。
この6人の足の調子を見るのと、どこで誰が引くのか決めるのとをまず確認する為にとりあえず2周。

走り終えて一旦止まり、大体皆の調子がわかったので、次はちゃんと役割を決めて走ってみますぞwww
我の役割は、1コーナーからバックストレートに入る際追い風に変わるので、そこの立ち上がりの加速担当ですなwww
向かい風を引いてひんしになったヤーティを切ることなく且つスムーズに加速しなければなりませんぞwww
んんwww総合的にロジックしてこれは責任重大ですなwww


25917718673_30cfec15a8_z.jpgPhoto by Kensaku Sakai

また2周走って、残り10分になったので最終調整としてもう2周。
順番を多少変え、これで本番に臨む。

試走を終え、足の調子は良い感じ。
私だけTTバイクじゃないのが不安だが、立ち上がり加速担当なのでまぁ大丈夫だろう。
あとはどれだけポールさんと龍太郎に合わせられるか。

ここから3時間程時間が空くので、各々好きなように時間を過ごす。
私は緊張からかその場にあるものをひたすら胃の中にいれていた。
思い出せるだけでも、パン2つにラスクにおにぎりにういろうにえびせんに・・・って流石に食い過ぎだろ。

念の為に事前車検にも行っておく。
私のバイクは元がロードなので問題なくパス。
大東さんも同じタイミングで行っていたが、ハンドル等で指摘をうける。
しかしどうしようも無い箇所だったので丸々バイクを変更することに。
TTはこれがあるから怖い。

1時間を切って、皆でアップに。
1分程の坂を2回回して終了。
私はそのまま坂を下りて体内軽量化の旅へ。
スッキリ軽量化して、会場まで戻る。

レース開始10分前。
検車とサインを済ませて、その場でブラブラ。
ここで次はポールさんのバイクに指摘が入る。
バーの長さが5mm長いとかなんとかで、すぐさま工具を持ってきて調整。
その間に名前を呼ばれて、入れる人はコース内に入っていく。
ソワソワしながらポールさんを待ち、直前に全員が揃ってホッと一息。

白浜のチームTTは周回コースで行われるため、1ヒート3組か2組で行われる。
5ヒート目の私達はウォークライドさん、キナンさんと一緒の組。
キナンさんが3人だけの出走で、「抜かないでよ~」と言われたので意識してしまう。
絶対抜いてやろう。

ウォークライドさん、キナンさんと1分間隔で発射していき、次は我々の番。
緊張はドMAXで、心拍計はつけていないが鼓動の速さはLSD並だとわかる。
ずっとこの状態維持し続けてたら体重減るかな?
なんて下らないこと考えようとするも、すぐに現実に戻される。
ああ神様、20分苦しまないで済む方法を私に教えて。


12974435_1764646480434319_8296566001388980655_n.jpgPhoto by Anna Izu

そしてカウントダウンが終わり、ピストルの音と共に14kmの地獄が始まる。


13010824_1006446079435806_1359914990969345593_n.jpgPhoto by Kensaku Sakai

スタート直後は龍太郎が加速していき、岩月さんに交代。
その後に1コーナーなので私の番。
後ろを確認しながら再加速していき、ユキにバトンタッチ。
前に55Tが付いているので更に加速していく。


13012872_1764646880434279_4265822320005643894_n.jpgPhoto by Anna Izu

あっという間に2コーナーで、向かい風のホームストレートへ。
龍太郎、岩月さん、ポールさん、大東さんの順に引く。
1周目は試走よりいい感じ。
全くサイコン見てないけど、これはそこそこいいタイム出るんじゃなかろうか?

しかしそうは問屋がおろさない。

ちょっとずつ隊列が乱れ始め、一番楽なポジションであろう私が間を埋めつつ微調整。
岩月さん、大東さんがキツそうなのでできるだけ休ませてあげたいところ。

数周後に岩月さんが切れ、5人に。
3人でゴールすればいいわけだけど、何かあるのがチームTTなのでできるだけ人数は減らしたくない。
立ち上がりの加速はまだまだじわじわと。
ユキの声を合図に交代し、抜いていく人数を数えながら最後尾に付こうとする。

1、2、3・・・

あれ、3人?

振り返ると奴がいr・・・ポールさんがいない。
しかし列車は切り離された車輌に気づかず加速を続ける。
コレはヤバいと思ったので気づくまで前に向かって叫び続ける。


26234027900_e969f0205d_z.jpgPhoto by Boss

バッチリその様子が撮られてました☆

なんとか2コーナー手前で減速し、連結に成功。
どうやらチェーン落ちだった模様。
気持ちを切り替えて、後半戦へ。


26451959411_7ed8b44724_z.jpgPhoto by Kensaku Sakai

もうミスはしたくないので、後ろを確認しながら軽く回していき、行け!と声が飛んできたら引く形で。
ここからは全員が疲労困憊。
最終周を目の前に大東さんが切れてしまい、4人に。
龍太郎、ポールさんで向かい風区間を引いてもらい、これまでどおり立ち上がりは私が加速。
最後はユキが発射台となり、3人並ぶようにゴール。


12990975_1764648023767498_4375824318127876521_n.jpgPhoto by Anna Izu

タイムはここまでで唯一の19分台だったので暫定トップに。やったぜ。
しかし次の組のシエルヴォ、ブラーゼンに抜かれ、暫定トップは約20分程で終了しましたとさ。
とほほん。

その後どんどんタイムを抜かれていき、表彰台の目は無くなったので撤収準備。
急ぐ理由は、いつも行ってる崎の湯が18時までな為。
こういう時の私達は早いぞ?

発券機のしまるギリギリに崎の湯に到着して、今日の疲れを癒やす。
温泉から上がったあとは我道で晩飯。
壁一面に様々なメニューが貼ってあるが、いつも大人数で行くために定番メニューしか食べさせてもらえない。
いつかは賛否両丼を・・・。

そして更に湯に浸かる者達と宿で休む者達にわかれて自由時間。
この間にブログを書いてたんだけど、全く捗らなかった上に日曜日に更新しようとしたらほぼ全て消えるという悲劇。
ここまで書き直した俺をほめて。
その後翌日の朝ごはんの支度をして(俺がしたとは言ってない)、翌日のクリテに備えて就寝。

翌朝目覚めると外は暴風雨。
監督会議では時間がズレるということなので、ゆっくり朝ごはんをムシャる。
結局そのまま中止になったので、チップを返却して白浜にさよならバイバイ。

でもこのまま終わるのもなぁ・・・。
朝ごはんも割とガッツリいったし何もしないとカロリーオーバーだよなぁ・・・。

と、いうことで晴れそうな昼間から練習することに。
場所は、ドメさんが堺浜行ったことないから行きたいとダダをこねたので堺浜に決定。

堺浜に到着すると白浜帰りのチームがちらほら。
皆意識高くて日和る。
そんな私たちは追い風で気持ちよくスプリント練習して終了、解散の運びとなりました。
超苦手なスプリント、多少はマシになったかしら。

次のレースはしばらく空いて、奈良クリテかな?
それまでにもっとスプリントの腕(脚?)を磨かねば。

スポンサーサイト
自転車レース | 【2016-04-20(Wed) 00:20:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。