FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
【ロードレース】2015 第17回 ツール・ド・熊野 1日目 プロローグ【UCI2.2レース】
2回目のUCI熊野。
今回はエースナンバーを背負っての参加。
1日目の今日はプロローグという位置付けで、700mの個人TTのみ。
監督会議を済ませて渡された冊子に出走順が書かれており、何番目かなー♪と捲ってみると、

第一走者。

確実にホットシートに座れるよ!やったねJesたん!

第一走者ということは準備の時間があまりないということなので、
すぐさまゼッケンをつけてもらってコースへ移動。

コースはスタート台から試走ができたので、何回かもがいてみて感触を確かめる。
往路は追い風だったのでスタート時のギアは後ろ17から行こうと決める。

その後もちょろちょろ走りつつ、スターティングセレモニーが始まる頃スタート地点付近へ。
この時点であと15分くらいあったんだけどな!

その15分をボケーっと過ごし、時間が近づくにつれ緊張感が高まってくる。
プロローグで特に緊張する要素なんてないんだけどなー。
ある程度いけるかもっていう自信が多少あったのかも。

そしていざスタート。
・・・するがギア重たすぎて回らない\(^o^)/
のっしのっし踏んで行って、往路の半分すぎたとこらへんでやっとシフトチェンジ。
むちゃくちゃロスった感じぷんぷん。

60km/hまで伸ばしたところでコーナー突入。
ここではチキンブレーキ発動して低速でコーナーを曲がる。

その後の立ち上がりはいつも通り回せたが、10秒ほどダンシングすると脚がパンパンに。
その時頭の中で、このまま我慢してダンシングで行くのと、さっさと腰下ろしてシッティングで行くのとどっちが空気抵抗少ないかな?
と一瞬考えた後、シッティングの方が良さそうと判断してそれに移行。

あとは残りの十数秒をひたすら耐えるのみ。
重たい脚に喝を入れながら回しきり、ゴールを通過。
そして暫定1位を獲得やったー(棒
まぁ、ホットシートに座るや否や3番目出走のフラビオ選手にあっけなく抜かれたけどな!!!

その後ズブズブと抜かれていき、最終52位で終わりました。
去年よりはタイムは伸びたけど、正直53秒台は出せると思ってたからショックがビッグ。

レース後開会式を行って、やけ食い気味に晩飯食って寝床へ。
今日のことはさっさと忘れて、明日からの本番はなんとか頑張りたいところすなぁ。
スポンサーサイト


自転車レース | 【2015-05-28(Thu) 17:55:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する