FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【ロードレース】2015 第30回 MBK・SUNVOLTカップ 京都美山サイクルロードレース C1【ホビーレース】
近畿地区大会としても行われている美山ロード。
近畿に住んでる身としてこれまで何度も出たいとは思っていたんですが、
どの年も何かのレースと被って出れてませんでした。
TOJの裏開催ですがそれでも招待選手の顔ぶれがすごく、
プラス今年は30回目の記念大会で何人招待いるんだっていう・・・。


1_201505250800403ad.jpg

そんな中で表彰台に乗れたのは非常に喜ばしいことであります。

以下レポ↓



今年は土曜からレースをやっておりTTもあったが、ロード一本で行く為日曜のみのエントリー。
当日朝現地入りして時間までゆっくり。

今回はロードレースなので、よく足が攣る私はその対策を万全に。
具体的には、

・マルチビタミン&ミネラルの摂取
・BCAAの摂取
・芍薬甘草湯の摂取
アスリチューンの摂取
・にがりをボトルにシュゥゥゥーッ!

くらいだろうか。
MVMとBCAAは日常的に摂取してるけどね。
あとは暑くなりそうだったので日焼け止め塗ったり、攣りそう&攣った時のマッサージ方法を聞いたり。
これだけやってたかだか70kmで攣ったら俺自転車レース辞めよう☆と思うくらいの事前準備。
一流選手はこれくらい当然でやってるか。

レース1時間前にアップに出かけ、1分ソリアを3本含めた20分程度の実走でアップ終了。
早く並ばないと~って思ってその時間に切り上げたが、結局後方だったしスタート時間遅れるしでもうちょっとやったほうがよかった感。
結局30分程遅れたのかしら?

スタートラインに付き、招待選手の紹介と事務局長?のご挨拶を承る。
が、後ろの方だった為その様子は全く見えず。
久々のレースですげー緊張してたから前の方に居ても頭に入ってなかっただろうけどな!

そしてレーススタート。
3秒程してやっと前が動きだしたので、もそもそとクリートをキャッチ。

できない!

右側は最近シムを挟んでちょっとカントがついてハメにくくなったけど、左側は何もないからいつも通りなのに!
いきなり先行きが不安になる展開。
後ろの人スミマセン。

でも最初はローリングスタートだから大丈夫。
いくらでも前に上がれるさ。

  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;; 
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f     俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!

道幅は広くて走りやすいのだが、その分人数も多くて中々前が開かない。
フッと開ける路側帯から上がろうとするも、リスクの方が高い感じ。
そもそも初参戦でコースちゃんと知らないのにうまく行くハズがなかった。
1周目は特に集団が落ち着いてなくて色んなとこから急ブレーキの音と「おぉ~い!」という声が。
私も序盤で後輪ロックさせてズリズリ滑りましたね^p^

そんなこんなでこのコース唯一の坂である九鬼ヶ坂に入るまでに中盤まで上がれはしたものの、既に疲労コンパイン。
しかも坂のペース速くね?やっぱアップ足りなかったんじゃね?
と思いながら我慢我慢で下りへ突入。
下りは下りで速度の乗るヘアピンがあったので、安全マージンを取りながら下る。
そこで縦に伸びていたので、その後のコーナーの立ち上がりで泣きそうになりながら1周目を完了。

2周目、コースは把握したのでどこで脚を休めてどこで前に上がれるかはわかった(できるとは言っていない)。
隙をみてちょいちょいっと前に上がるとチームメイツがバリバリアタック合戦やってるではないですか。
その背中がすごく頼もしく見えたので、私は集団で待機。
べ、別にそれ以上前に上がれなかったわけじゃないんだからね?

集団で埋もれながら脚を回復させ、九鬼ヶ坂に向けて平坦区間は適当にこなす。
普段ならそんなに恐れるような距離、勾配じゃないんだけど、1周目の印象が強すぎてチキン入った。
チキンだったのが功を奏したか、1周目よりは楽に上ることができる。
しかしアタックをかける人についていこうとは全く思わない程度には脚が回っていない。
下りをこなしながらこのままで大丈夫か?と不安になりつつも2周目を完了。

3周目。
やっとこ先頭までくることができた。
この頃チームメイツが2人乗った逃げができてたのかな?
このまま決まりそうだなーと思っていたが、しばらくして吸収。
まだ集団が若くて元気ねぇ///

4周目も同じようにアタック合戦が繰り返されるが決定的な逃げにはならず、逃げたとしても数分で吸収される。
九鬼ヶ坂でいくつかの集団に分断されたので、っべー、まじっべーよと思いながらギアをかけて前へ前へ。
脚もようやく回り出したみたいで、気持ちと動きがマッチでぇーす!
それでもギリギリ届かず、下りで追いついて合流成功。

下りきった平坦では後ろにチームメイトの気配を感じたのでポイント賞の為にせっせと先頭を引く。
しかし勘違いだったみたいで全く別の3人に取られるという大失態\(^o^)/

5周目。
もうこの頃には常に前の位置で展開できるように。
なんというスロースターター。
近くに居た人がアタックした時だけ追走して、ほかは静観。
ぜってー脚はつかわねーぞ!

未だにアタック合戦してても決まらないので、大集団スプリントの可能性も頭に入れながら走る。
そうなったら全く絡めないだろうなー。
自転車は絡むかもしれないなー。
いやだなーこわいなー。

そんな時に九鬼ヶ坂を登り終えて下りに入って後ろを確認すると、前数人と差が開いている。
踏め踏めと言いながら先頭に出る。
左の急コーナーを攻めつつこなし、ほぼ180度の右コーナーをこなしていると後輪がズリっと。
うん、確かにコレ以上倒すとヤバい気はしてた。
立て直す為に車体を起こすとおもいっきり膨らむ。
ガードレールが目前に迫るも、ギリギリのところでガードレールとの濃厚なハグは回避。
本日二度目の後続の皆さんすみませんでした・・・。

その後はストレートの下りなので思いっきり回して追いつくが、後ろも追いついたようで再び集団に。
5周目完了のスプリントポイントを取ると同時にチームメイトがそのままアタック。
あえなく吸収、というところでマトリックス永良選手がカウンターで行く。
運良くその真後ろについていたので足を使わずそのアタックに乗る。

その後すぐにシエルヴォ山下選手や京産大の2人、チームメイトの下島選手も追いつき、ナイスな展開。
6人もいればローテーションはだいぶ楽。
回りだすと後続と30秒差まで開く。

九鬼ヶ坂も皆で回しながら進み、下りは永良選手がかっ飛ぶ。
前の周のことがまだ頭にあったので、1周目と同じようなイメージで安全に下る。

最終周、ジャンが鳴る。
タイム差がこの頃縮まったのかな?
微妙な感じだったので誰も動かず淡々とローテーションして最終局面に向かう。

と思いきや、コースの前半部分でメンツが増える。
よく見ると武井選手とロイック選手。omg.
勝てる見込みが非常に少なくなってまいりました。

とにかくまずはロイックを落としたいと、コース中盤辺りで武井選手が色々画策するも不発。
そんなペースの上げ下げがあったからか、ふくらはぎがちょっとヤバめ。
ただローテーションで回してるぶんには全然楽なのにくやしいっ・・・ビクビク。

何事もおこらず最後の九鬼ヶ坂。
1/3程で山下選手がアタック。
それに追走するが虚しくタレて、グループ最後尾に。
そのあとすぐにロイック選手が追走し、真波山岳めいた速さで山下選手を抜き去り見えなくました。
いやー、ありゃー羽が生えてたね。

下りに入った時にはロイック選手-山下選手-他という形。
間はそれぞれ10秒満たないくらいかな?

下りきったところで山下選手を吸収するが、ロイック選手は遠くにいる。
武井選手が最後鬼引きするも、届きそうにない。
だったら2位は確実に取ろうと最終コーナーを曲がって一呼吸おいてから早駆け。
いい感じに脚も回り、キテる!今日の俺はスプリントできてる!と興奮状態。
ゴールラインが見えてこれでよしと思ったら横から下島選手が伸びてきて結果3位に。
っぶねー、別のチームだったらどうしようかと思ったよっぶねー。


というわけで優勝は逃したものの今の実力では最高の結果だったのではないかと。
懸念材料だった脚の攣りもありませんでしたしね。
今回は色々運が良かったというのもあるので、これを実力だと言えるようにしたいもんです。

スポンサーサイト
自転車レース | 【2015-05-25(Mon) 10:48:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。