FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【タイムトライアル】2015 第4回 タイムトライアル南紀白浜 E1【実業団レース】
勝てると思ってたのに2以下略
4w秒w差wwwww
3kmから4kmになって多少有利になったと思ったんだけどな・・・。

以下レポ↓



今回は前回の装備に加え、ワンピースとDHバーも揃え、装備も充実嬉しいな。
試走はコーナーを試したかったけど人数多くて無理だったので、立ち上がりを集中してやって感触をつかむ。
あとはコース状況をチェックして、脚が無くなる前に退散。

スタート時間まで前のクラスのタイムを聞いて、自分のタイムを予想。
E3でいきなり5分12秒とか出す人が居て、シーズン序盤にありがちな意味がわからない強いの来たなーとちょっと焦る。
結局勘違いで22秒台だったみたい。
(´-`).。oO(そーいやこの勘違い一昨年もやったな・・・)

レース開始1時間前からローラーでいつものアップ開始。
が、脚重たい。
パワーが全く出ないので、無理やり強度を上げて時間を短くして終了。
30分前にサプリやらドリンクをブチ込んで、招集位置へ。

この招集場所で待機してる時が一番緊張するのよね。
心臓がバクバクいってたから、あーこれは120bpm以上あるわーとか思ってたけど、100付近。
意外と体は落ち着いてる?

ドンドン列が進み、ついにワテの番。
サドルを持ってもらい、集中を高める。

そしていざスタート。
最初のギアは53-23から。
向かい風だったのと、これまでの練習で割りと軽いギアからいった方がその後伸びるし耐えられる気がしたので。
最初は焦って踏みすぎる傾向があるので、フォームを意識してゆっくり踏む。
落ち着いたところでサイコンを覗きこみ確認。

やっぱり踏みすぎてましたテヘペロ☆

そこからコーナーが来るまで抑えていって、抜けると追い風区間なので一気に加速。
・・・したいけど、一気に重いギアにすると脚にくるのでジワジワと。
ログでは59km/hまで伸ばしたところですぐコーナーが近づいてきて減速しておりました。
凄いもったいない感。

再び向かい風。
さっきの失敗を活かし、自分の5分のマックスパゥワーで淡々と踏む。
楽じゃない?遅すぎない?と思いつつも、最後は踏んでも力出ないんだから、と言い聞かせる。

そして2周目最終周。
徐々に前走者との距離が近づいてきているので、タイムは出ていることは感じていた。
故にここで転けたらダメだと、コーナーも確実にこなし、追い風区間へ。

ふとここで違和感が。
この辺でハァハァ言ってる予定だったのに、どっちかっていうとまだ楽なんですけど・・・。
ちょっと焦って立ち上がりのギアを早めに変えていく。

やっとハァハァ言い出した所でコーナーの為に減速。
ここも丁寧にこなし、ラスト500m程を全力で。
しかし向かい風なのでフォームはキッチリ固めてゴール。

ここで暫定1位という実況を聞き、とりあえず一安心。
あとは願うだけ。
が、願い届かず、最終走者に4秒もの大差を付けられて2位という結果となりましたとさ。

優勝したK選手に聞くと、似たような速度で推移してたみたいなので、立ち上がりで差が出たんだろうなぁ。
あとこれを書くためにログを見てると、5分出せる最大出力より5%程下回っていたので、やっぱり楽だと思っていたのは間違いではなかったんだなぁとも。
ちょっと余裕を持ちすぎたか・・・。


1_201504192351332ac.jpg

2.jpg

その後PのTTTを見て去年を思い出して吐きそうになりつつ、
イナーメの方々と温泉→飯→まさかの宿一緒の流れで就寝。
翌日のクリテに続くんじゃ。
スポンサーサイト
自転車レース | 【2015-04-19(Sun) 23:48:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。