FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
【タイムトライアル】2015 第1回 舞洲タイムトライアル E1【実業団レース】
勝てると思ってたのに3位て!
3分弱で2秒の差は大きいです。
コーナー5つあったからそこで埋められる差というとそうなんだろうけど。
コーナーで超ビビってるな?

以下レポです↓

先週までの調子は良し。
月間走行距離も中々行った。
その反動か、今週は木曜まで疲労感たっぷりんぷりん。
起きるのが辛い、自転車乗るまでが辛い、ペダル回すのも辛い。
大体はイヤイヤでも乗ってしまえば体は正直になるんだけど、水曜と木曜は全くその気にならなかった。
ふえぇ・・・100W以上だしたくないよぉ・・・。

そんな時は体揉み揉みしてもらおうと、木、金と2日続けて整骨院へ通う。
これが功を奏したか、金曜には元気が戻ってきて当日朝はやる気ビンビン。

で、会場に。
昼前に行われていた高校生のレースをボケーっと観戦。
残り十数周から逃げた子が勝ちました。
やっぱり若い子は積極的でないとね。
だからほれ、若い女子たちも積極的に私に声をかけてきて良いぞ。

それが終わった後に実業団のTT。
E3から始まり、E1は15時から。
E3の時は風があまり無く、タイムもよく出てた様子。
E2から吹き始め、その後は吹いたり止んだり。
天気は何日か前までは雨予報だったけど、なんとか夜までは持ちこたえるみたいで一安心。

E2の有力選手のタイムを聞いてからアップへ。
TTで刻む予定のペースで30秒×3本。
それより少し低い数値で1分×1本。
心拍が上がり切らないのと、踏み出しのパワーが出ないのが気になったが、悪くはない。
ちゃちゃっと用意しなおして、出走手続きを済ませる。

スタート位置付近でまたボケーっと見てると3分を切ってくる選手が続々現れてきた。
風が止んだとかそんな感じではないので、E1の実力だろう。
ワイもそろそろ脚回し始めとこう、と思った矢先。

前輪スローパンクしとる━(||´Д`)━!!!

            ヾヽ'::::::::::::::::::::::::::'',    / あ .あ ま ヽ
             ヾゝ:::::::::::::::::::::::::::::{     |  あ .わ だ  |
             ヽ::r----―‐;:::::|    | わ あ    |
             ィ:f_、 、_,..,ヽrリ    .|  あ わ     |
              L|` "'  ' " ´bノ     |  わ わ     |
              ',  、,..   ,イ    ヽ わ わ    /
             _ト, ‐;:-  / トr-、_   \  て   /
       ,  __. ィイ´ |:|: ヽ-- '.: 〃   `i,r-- 、_  ̄ ̄
      〃/ '" !:!  |:| :、 . .: 〃  i // `   ヽヾ
     / /     |:|  ヾ,、`  ´// ヽ !:!     '、`
      !      |:| // ヾ==' '  i  i' |:|        ',
     |   ...://   l      / __ ,   |:|::..       |
  とニとヾ_-‐'  ∨ i l  '     l |<; 天  ヾ,-、_: : : .ヽ

実際あと7分あったからそこまで慌てることもなく前輪交換し、もう一度車検を通してスタート位置へ。
そこまで緊張もせず、どちらかというとリラックスした雰囲気でスタートを切る。

今回のコースは、緩急があるにせよ180度ターンが5つあり、あとは直線というもの。
最初の直線はゆるい下り基調だが、若干の向かい風。
コース真ん中にアスファルトの継ぎ目があり、左側の方が若干路面が良いので左寄りを走る。
こういうところがコース上いくつかあり、試走時にどこを走るかは検討済み。

第1コーナーへ。
予想してたよりブレーキングが間に合わず、大きく減速。
もたつきながら立ち上がり、追い風の登り基調をワットとにらめっこしながら行く。
この直線も左右で路面の質が違ったので、最初は左、徐々に右にズレながら走・・・ったと思う。

第2コーナー。
ここが一番緩いコーナーで、90度コーナー×2といってもいい感じか。
追い風で速度も乗ってるが、ノーブレーキでいけるハズ。
が、声援に反応してしまい一瞬ブレーキに手をかけてしまう。omg.
この後の直線が今日1番長いのにぐぎぎ・・・。

ここまでの平均ワットを見て、思ったより落ち込んでいるのでフォームを意識しながらも強めに踏む。
第3コーナーまでそのペースを維持したが戻りきらず、それで動揺したのか先走って曲がりそうになり変なライン取りに。
大減速したあとの立ち上がりはより強めに踏まなければならず、しんどさが増す。
悪☆循☆環

でも転けてもシャレにならんので、第4コーナーもそこそこで。
これを入れて立ち上がりはあと2回だけなので、出来る限りダンシングで踏んで速度を伸ばす。
ログみたら全然速度でてなかったのはここだけの秘密。

最終コーナー、ここも緩め。
コーナーは唯一ここだけうまくいったか?
できるだけゴールまで最短距離で進み、ゴール。
直前の選手が1位のタイムを塗り替えた直後に私が塗り替える形に。

その後しばらく1位のホットシートを温めてましたが、ラスト2走者に敗れ、3位という結果になりました。

結果の平均速度は40km/hそこそこだったので、もっと伸ばせたんじゃないかなぁと。
最高速度も52.4km/hだし、踏めてると思ったけど踏めてなかった?
いやもちろん走ってる時は全開なんですけどね。最後血の味もしたし。
でもTTは倒れこむ寸前まで追い込まないとだめですな。
白浜TTは終わった後意識失うくらい追い込みたいですなぁ。
スポンサーサイト
自転車レース | 【2015-04-04(Sat) 20:48:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する