FC2ブログ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
【シクロクロス】2013~2014 第4戦 丹波自然運動公園 C1【関西シクロクロス】
副鼻腔炎のJestです。
いやー、風邪と思ってたら鼻に膿溜まってたわー。
そりゃ鼻水きったねー緑色でくっせー臭い放つわな。
強力な抗生物質出しときますねー^^って言われたから結構酷かったのかしら。

さて、そんなことは置いといて、今週もシクロクロースやってきました。
今週の舞台は京丹波。
黒豆で有名なところですね。
ここで黒豆刈るバイトしたことがあります。でも私お豆嫌いなのよね。あっちのお豆はぐへへ。

初のC1カテゴリでの結果は、41位。
ラスト3周くらいでパンクしてしまいました。
まだ乗り方が甘いみたいです。

ではレポ↓



前日はチームのシクロクロス練習に参加し、80km程ゆるゆると。
丹波は去年走ったコースと全く一緒なので、朝の試走はパスしてちょっと遅目に会場へ。
別カテゴリのチーム員の方を応援しながら菓子パン食うのはもうお決まり。
C2の時より時間早いしね。ちょこちょこ食っておかないとね。

昼の試走の時間になり、激坂だけ何往復かして、あとは1周半回ってすぐスタート位置へ。
スタート位置は順番だと思ってたんだけど、
最初の20人?くらい以降は自由だったようで、完全に油断しててほぼ最後尾。
邪魔にならないぞ、良かったなお前ら。

ということでスタートです。
スタートダッシュ皆はやいです^o^
舗装路の上りで道幅もあるので、前に上がれると思ってたのに全くあがれねーでやんの。
イン側行ってたから第一コーナーで何人か抜けたけど、40番手くらいで1周目を進める。

1周目、2周目は前に人がいたので自分のペースでは走れなかったけど、
走るべきラインを後ろから見てお勉強。
といっても丹波なんてほとんどのとこ走れるけどな!

激坂は上れず。
あんなに試走したのにな?

3周目、段々バラけてきて自分のペースを掴みつつある。
AV店長にC1は最初抑えめに~って言われてたのに既に(;´Д`)ハァハァ言ってたのは内緒。
何人か抜かすも、後ろからのプレッシャーを感じつつ池の横を上る道へ。
そこでイン側のペダルを石に引っ掛け転倒。
後ろの人ごめーんね!
折角上げた順位を自分のミスで落とし、泣きそうになりながら復帰。

そこからはミスせずなんとかゴールに戻ってきたら残り8周回の文字
ええ、正直ゲンナリしましたね。
まだ半分も経ってないのに、1時間長すぎだろJK・・・。

萎えつつ4周目を完了したあと、ここから呼吸が凄く楽になる。
1周が今までより早いような気も。
まぁそう感じてるだけで、実際は自分の余裕なペースで走れてるだけだろう。
って思ってたんだけど、ログ見返すと徐々にラップタイム速くなっていってるのよね。
これがランナーズハイか!

毎周回巨匠や観客の方達が順位言ってくれるので、1周につき2、3人ペースで抜いてるのがわかる。
残りは4周で24位。
このまま行けばなんとか20位切れるか?

と、欲が出たのがいけなかった。

序盤の砂利区間で前の人がタレてたので、その後の舗装路で抜こうと試みる。
無理矢理速度を乗せて抜かして、舗装路から砂地への小さい段差を越えなければ行けない所でジャンプすると

後輪「コツッ」

微妙~な感触。
リムには完全に当たった。
でもやっちまったああああああ!レベルではない。

その後の砂地を恐る恐る走ると、特に滑りもしないしイケそうなふいんき。
あー助かった。
一安心して階段を上り、さあ下りだ、と曲がりつつギアをかけると

ズルッ

やってました\(^o^)/
で、でもピットはすぐそこだ。そこまで頑張ってランニングしよう。

池の横の長い道を抜けるとピットであった。
靴の底が茶色くなった。
ピットに自転車を寝かせた。
各所から他チームのピットクルーが立って来て、Jestの前の予備機材に目を落した。
嫌な汗の冷気が流れこんだ。ピットクルーは地面いっぱいの予備機材を見て、Jestに嘆くように、
「BOMA?これ?違う。じゃあ無いなあ。」
一緒に代車を探してくれた男は、北の方角を指さし、頭を項垂れていた。
もうひとつのピットかとJestは遠くを眺めると、
もう来たらしい先頭パックが山裾に轟々と駆け抜けていくだけで、
心の中はゴールまで行かぬうちに闇に呑まれていた。

ということであと半周ランニング決定です(ノД`)
まぁもう歩いてましたけどね!

やっとの思いで別のピットにつくと、先頭パックに再び抜かれる。
それでジャンが鳴ったので、他の人の邪魔にならないよう走り、
近くにいた人を追い込ませるように後ろにベッタリついて、スプリントもせずゴール。
41位という結果になりました。

いやー、またパンクしちゃったよテヘリ。
マキノもだったけど、焦っちゃダメね。
でもこういうコースだと意外と上まで行けそうな気がしたので、モチベが少し上がりました。

次のひよしは全日本終わった後で皆気が抜けてるだろうから、狙い目?
まぁそんなことないんだろうけどな!
まだまだ乗り降りもスムーズじゃないし、こそこそ反復練習と洒落込みますか。


※途中まで。
スポンサーサイト
自転車レース | 【2013-12-02(Mon) 22:27:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する