FC2ブログ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
【シクロクロス】2013~2014 第1戦 マキノ高原 C2【関西シクロクロス】
┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。
       /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl  
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ


あ、どうもJestです。
今回は輪島ロードが流れたので関クロ第1戦に行ってきました。

2013makino5.jpg

結果は3位。
表彰台には乗ったけど、昇格には届かず。ぐぬぬ・・・。
関クロではこれが全日本の資格(C1)を得れる最後のレースだったので、なんとしても取りたかった。
ま、まぁ?優勝する前に銅のワッペンもらえたからそれでいいし?
グスン。

おら、レポだ読んで行きやがれ畜生!↓



2013makino1.jpg

設営のお手伝いの為に前日に会場入り。
10時から初めて、夕方までかかるんじゃ?と思ってたけど、休憩含めて14時には終わったからビクーリ。
皆手慣れてらっしゃる。
ほとんど若い人がいなかったから、若い人が増えたらもっと早く終わるかも。

試走して、時間つぶして、風呂入ってメシ食って就寝。

2013makino2.jpg

の前にお菓子パクパクモグモグ。
ルマンドは俺のソウルフード。


2013makino3.jpg

当日。
曇予報だったけど雨が降ったり止んだり。
やっぱ山の天気はわからんね。

私はコース中盤くらいの立哨を任されたのでそこで待機。
しかし雨が降ってた為、選手がコース走る以外は誰も来ない。
故に動かない→寒い&パトラッシュ、僕なんだか眠くなってきちゃったよ・・・。


2013makino4.jpg

その後杭が倒れたりテープ切れたりして直しにいったから眠気は吹っ飛ぶ。
晴れ間も見えてきていい感じ。

昼食を挟み、試走をして、C1のレースを見て予習。
空気圧は前1.8、後ろ2と再度確認し、万全の態勢でいざレースへ。

第1戦はスタート位置のシードがないので早い者勝ち。
C1→CM1&CL1→C2って順番なんだけど、C1が終わる頃にはスタート前に人がいっぱい。
それでもなんとか2列目は確保。
前の方が圧倒的に楽だもんね。

前のクラスが終わり、いよいよスタート。
スタートが肝心なので、左足を丁寧にハメていざ加速!
・・・しようとしたら何故か右足が外れる。
そしてチェーンリングに思い切り強打。
正直終わったと思った。

なんとか立てなおして、十数番手で第一コーナーを曲がる。
階段に辿り着くまでには6、7番手くらいにはなってたかな。

平坦で除々に番手を上げながら、2番手に。
先頭は泥棒さん。
会場も泥棒が逃げてる!と湧く。待てルパァン。
コース終盤で追いつき、パス。
泥棒が捕まった!と再度会場が盛り上がる。

ホームストレート。
ここで単独先頭と思ってたら、マトリックスの藤岡選手が後ろにベッタリ。
いやんプレッシャー半端ない。

フィニッシュラインを抜け、2周目に突入。
タイムギャップを聞いてると、私達の数秒後ろには去年の桂川で表彰台に乗ってる稲垣選手がいる模様。
二人のプレッシャーを感じながら、ミスしないよう駆け抜ける。
できるだけ自分のペースを守り、ほぼ先頭で2周目を完了。

3周目、稲垣選手とのタイム差はあまり変わってない感じ?
藤岡選手は2周目の中盤で前に出たものの、そこからは前に出てこない。
余裕そうだから最後で一気に抜くつもりだな?
こっちも先頭で気楽に走れるからいいんだけどNE!

と、ずっと後ろを気にしながら走り続け、コースの中盤。
芝が深くなる所で隠れていた石に前輪がHIT!
コレはもしや・・・と思ったら案の定すぐ前輪が言うこと効かなくなる。

/(^o^)\ナンテコッタイ

幸運にもすぐそばにピットがあったのでとりあえず進入。
予備機材を全く用意してなかったので、誰か貸してくれるようすがる。

助けてください!(by世界の中心でなんたらかんたら)

すると心優しい方が前輪を貸してくださる。
あなたが神か!
非常に助かりました。ありがとうございます。

この時点で6番手くらいにまで落ちる。
しかしすぐ追いついて、再び泥棒さん達との3人のパックに。
そしてホームストレートで3番手まで浮上。
さぁ追い上げるぞぅ♪

といっても結構心拍ギリギリ。
一旦止まってるから休憩はできたけど、再度上げるってのが苦手でどうも速度が乗らない。
モヤモヤしながら走っていたせいで、後ろからMTB乗った方が猛追してくる。
コーナー毎に思いっきり差を詰められてる。ヤベェ。
で、一瞬で抜かれる。
テクの無さが露呈しましたねぐぎぎ・・・。

しかし負けちゃいられない。
下りで速度を乗せて抜き返し、ホームストレートで引き離す。
このままミスらなければ3位だ、と思いながらフィニッシュラインを抜け最終周回へ。
え?2位ですか?あと1周で40秒差は無理です\(^o^)/

その後は後ろを見ながら、できるだけミスしないよーーに全てを慎重にこなして終了。
応援していただいた皆さんからあれやこれや言われながらお立ち台に立つ。

いやしかし・・・非常に悔しいですな。
狙ってたレースなだけに余計に。
今後は知り合いが居たら予備機材置いといてもらうよう頼もう。
ていうかきっちりライテク身につけよう。

ホイール貸していただいた方、本当にありがとうございました。



心拍がありえない値に・・・。
スポンサーサイト
自転車レース | 【2013-10-28(Mon) 11:24:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する