FC2ブログ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

スポンサー・サプライヤー
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【クリテリウム】2013 CATEYEクリテリウム C1【ホビーレース】
ごぶサターン。
めっきり平地仕様になったJestです。
夏場は体脂肪率も5%~6%だったんですが、今はもう6%を切ることはないですね。
でも一応上りでもベストタイムを更新するところもあったり。
秋ってそんな感じですよね~。
え?俺だけ?

で、今回はキャットアイクリテリウムに参戦してきました。
平坦レースだいしゅきなのおおおおおおおお!

結果は最終コーナーで落車してしまい11位。
巻き込んだ方スミマセンでした。

それではレポです↓



以前、ダラダラ60km乗った次の日の調子がすこぶる良かったので、
今レース前日にも50kmほどダラダラ乗ってみる。
もちろんその間で一瞬心拍も上げるのを忘れない。

当日、チームメイトの方と早朝入り。
TTを見学してからあとはひたすらボーっと・・・。

C3、C2と応援して、ようやくC1の番
この日暑かったから溶けるかとオモタヨ。

C1のメンツは、岩井商会の方々が8人?で、あとはバラバラという感じ。
岩井VSその他というレースになるな~と絶望しつつ、
ホビーだからそこまで激しくはしないだろうと希望もちょっとだけ持ちながらスタート位置へ。
たった30名程の出走で道幅も広いから先頭並ぶ必要はないんだけど、クセで先頭(σ・∀・)σゲッツ!!

・・・と、ここで後輪に空気入れ直してないことに気づく。
久々のレースで完全に気が緩んでやがるぜ!
後輪はラテックスチューブだったので、朝入れてから10時間も経ってると圧落ちまくりんぐでしょう。
それに気づいた直後の心拍は110以上をマーク。
カラダは正直じゃのう、ぐへへ。
ま、まぁコーナー多いし、グリップ良くなるだろうとポジティブに考え、集中。

これまでのレースが遅れてた為3分遅れでレーススタート。
初っ端から前回優勝者のN西君ともう一人が逃げる。
コーナー過ぎた辺りで捕まえようと、一旦距離置いて私も追走。
後ろは来てない。
連続するコーナーで差を詰め、コース外側へ回るヘアピンを抜けたあとに2人に追いつき、3人で回す。

回している間2人の表情を見てたんだけど、心なしかあまり余裕が無いような?
朝のTTとか出てたらそりゃそうか。
なので気持ち長めに引く。
するとすぐに脚に来そうだったのですぐやめる。平等万歳!

その逃げは4周くらい?で捕まり、その瞬間別の岩井の選手がアタック。
こっからはもうずっと

岩井の人が逃げる

捕まえる

カウンターアタック

って感じ。
私も途中まで全部乗っかろうと思って一々反応してたんだけど、
流石に脚が死ぬと思ったので大人しく集団で温存。

中盤、N西君の一人逃げが決まる。
今日の私の調子だと、一人逃げなら簡単に捕まえられる自信があったので放置。
別の岩井の方がアタックした時のみ潰して、あとはサイクリング。
23周中、12周目くらいからずっとAve40km/h割ってたんじゃないかな?
ひたすら楽でした。

残り5周頃でようやっと重い腰を上げて捕まえに行く。
岩井の方を間に入れさせないようにして、その他勢でローテーション。

残り2周で捕まえ、さぁさクライマックスです。
単発のアタックが何度かかかるけど、逃させるワケもなく速攻で潰す。
脚の調子も良いし、呼吸も楽。今年はイケそう。
去年は最終コーナーの突っ込みにシビれたので、今年は私がそれを狙う。

バックストレートから最終コーナーまでで4番手。
できるだけ体を小さくして加速し、最終コーナーへ。
去年のイメージを思い起こし、これで優勝だとニヤつきながらイン側を攻めると

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄


    |l  |l l |l | |i
   |i  l |i l| li  |
        ∩
    _,,..,,n,r'゙ <⌒つ
   ./ ゚ 3  ヽ )´
 ) l ゚ ll ∩ ノ そ
Σ `'ー---‐''  (
  ⌒ヽ/V⌒v、/⌒ ビダァァァン!!

はい、思いっきり後輪滑らせて落車しました。
それに一人か二人巻き込んでしまいました。申し訳ございません。
幸いスピードが死んでた時に転けたので、体も自転車も擦り傷程度で済み、
衝撃で攣った脚を戻してから、沿道の皆さんの拍手を受けながらなんとかゴール。

いやー、しかし上手くいかないもんですな。
あれくらいキッチリ曲がれてナンボデスヨネー。
もしあのヘアピンを抜けれたとしても、スプリントに定評がないので優勝してたかはわかりませんが。
転けたのがただのホビーレースだったから良かった。

結局後輪の空気はもっと抜いといたほうが良かったみたいですNE☆

スポンサーサイト
自転車レース | 【2013-10-07(Mon) 21:41:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。