カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
【ママチャリ】自転車で大阪~東京 ルート編 2日目【走破】
2008年12月23日~24日にママチャリで大阪~東京まで走った際のレポです。
うろ覚えですが、大体は合っているかと。

ここでは2日目のルートを紹介します。
1日目はこちら。装備品はこちら

12月24日 03:30 静岡駅~



081224_0337~0001さみぃぃぃ。
クリスマスイヴである。
ネットカフェからのそのそと一人這い出し、自転車に跨る姿は滑稽だったろうか。
そもそも誰も見てないよね!午前3時半だし!

ということで十分に睡眠は取れたので出発。
何故3時間しかネットカフェを利用してないかというと、予想外の出費(=パンク)で金が無かったからである。
下ろせばいい話なのだが、ドケチの俺は手数料を取られるのが気に食わないのでそのままなのであった。

しかし寝起きというのは本当に体が動かないね。
寒さと相まって余計動かなくなってた。
確かこの年はそこまで寒くなかったハズだけど、流石に3時台は寒く、テニス部時代買わされたジャージを羽織ってもまだ寒かった覚えがある。
寒さを乗り切るためには体を動かすのが一番なので、シャカシャカとペダルを踏む。

このままずっと1号線だと思っていたのだが、興津中町交差点以降は富士由比バイパスと合流する為、自転車通行は不可となる。
しかし本当に静岡はバイパスが多いな。静岡県自体がバカだったか。
が、ここは親切なことに、太平洋自転車道があるというではないか。
邪魔されず走行できるならその方がいい、とそちらへ向かう。

この道は街灯が全く無く、真っ暗であった。
ママチャリ付属のライトが結構明るかったので地面は照らせたが、市販の弱いライトだと心許ないかもしれない。

真っ暗な中ふと空を見上げると、星が綺麗に輝いている。
暗闇もたまにはいいことするじゃないか。もしかしたら流れ星とか見れるかも、とか思っていたが結局見れずじまいであった。

途中で1号線と合流し、更に県道396号線へ。
蒲原駅近くでまたもや後輪をぶつけひやりとしたが、しばらく走っても何事もなかったので、一安心する。

新蒲原駅近くまで来た時、時刻は5時20分頃。
この旅の目標は東京駅なのだが、高校生の頃は富士山をチャリで拝みに行こうと目論んでいた為、なんとしても富士山は見たかった。
しかしこのままいくと確実に夜が明ける前に富士市を通過してしまい富士山が拝めないと思い、急遽近くのセブンイレブンで休憩。
お湯を貸してもらい、買っていたパンを頬張り、カップラーメンをすする。
寒い日のカップラーメンはうまいなぁ。
というか、外で食べるカップラーメンが妙に美味しく感じるのは俺だけだろうか。
たまにしか食わないから美味しく感じるのかもな。

腹が減っていたのかパンも麺も早々に食べてしまい、スープもちびちび飲んでいたがやがて無くなり、仕方がないので出発。
さっきまでシャカシャカ漕いでいたのとは逆に、今度はゆっくり漕いで行く。
富士川橋についても、やはり富士山は暗くて見えない。
いや、見えることは見えるのだが、うっすらと影しか見えない。
携帯で写真を撮ってみたがやはり写らなかったので、ここでは諦め、その先にあるセブンイレブンで時間を潰すことに。

およそ1時間程たっただろうか、漫画に集中していた視線を上にむけると明るくなっている。
これはきたんじゃないか?とワクワクしながら外へ。

081224_0649~0001朝焼け富士。携帯画質で申し訳ない。

・・・見えた。綺麗だ。こういうものを見たときの胸がキュっとなるのがたまらない・・・。
晴れでよかった。しかし建物が邪魔だ。

081224_0652~0001というわけで近くの歩道橋にやってきたのだ。
良く見える。
ここでしばらく感傷に浸り先を目指す。

ここまでの走行距離・・・390km


12月24日 07:00 富士市加島町のセブンイレブン~



写真を撮ったにも関わらず、走りながらちらちら富士山の方を見てしまう。それだけ惹かれるものがあった。
国道183号線、県道380号線とずっと富士チラしていた。
ここの道は幅員が狭く、歩道もガタガタでとにかく走りにくい。途中から富士チラの回数を抑え、走りに集中することに。

そして1号線と合流した時、標識に箱根まで~kmの文字が。
期待と不安を胸に抱きつつ、箱根峠へ足を運ばせる。
081224_0839~0001後ろを振り返る。
あれ?結構いけるんじゃね?と思ったのも信号があるところまで。
そこからは一番内側にギアを入れてもペダルが重くなかなか進まなくなる。
081224_0902~000110km以下でしか走れません><
ここでだいぶ暑くなってきたので、ジャージは脱ぎヒートテック上&半そでの状態に。
結構登っただろう、と思ったところで限界が来たので足をつき、自転車を押しながら歩く。

途中に人がいたので、ここがどのへんか聞いてみると「ああ、半分くらいだよ。」との返答。マジかよウソだろ・・・。
一気にげんなりしつつも、乗り、歩きを繰り返して頂上を目指す。
081224_0917~0002箱根からの富士。
途中で富士山が見えることに気づき、写真を撮る。高いところ、違う時間帯の富士もまた違って見えてオツなものである。

081224_0923~0001街が小さい・・・。

そして何度もあれが頂上か、と思わせて裏切られることを何度か繰り返し、

081224_1010~0001キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
10時10分、やっと頂上へ。
8時20分くらいから登りだしたので、約2時間かかったことになる。たった15kmなのに悔しいっ・・・ビクビク。

なんにせよ無事に上りきれたので、あとは下るだけ。
・・・と思っていたが、元箱根を越え、旧道の方へいくと勾配が極端にきつくなり、上りより神経を使うことに。
七曲り地点は勾配10%ほどで、平均で7%ほど。もちろんフルブレーキ。
081224_1047~0001こんな看板が。
081224_1048~0001Oh・・・めまいが・・・。

静岡側から上ってあれだけキツかったのに、神奈川側から上るのはどれだけキツいんだと。
そう思いながらある程度下ったところで、ロードバイクに乗った人2人程とすれ違う。
今のところ上るんだ、すげぇなぁどんな脚だよ、と当時は畏敬の念を抱いていた。
そんな私もヒルクライム好きになるのは、また後のお話。

081224_1120~0001100km切った!
下り終え、少し行くと東京まで88kmの標識が目に入る。
いつのまにかこんなにも進んだんだな、とまた胸に熱いものを感じながら進む。
そういえばお金が無かったんだと気づき、小田原本町の郵便局でお金を下ろし再び1号線へ。
途中吉野家を発見し、ちょうど昼飯時だったので店に入り豚丼をタダで食らい、予定通り券を消化。
味はいつもの吉野家でした。良かったよかった。

ここまでの走行距離・・・460km


12月24日 12:20 小田原市国府津の吉野家~



やはりご飯ものはパンより満腹感があるから良い。
カロリーはパンの方が上回ってるみたいだけど、それでもご飯を食べたい時がある。普段の朝とか。
やっぱ日本人は米だよ、米!
・・・と、このときの充足感は伝わっただろうか。改めて出発である。

ここからまたずっと1号線なので特筆すべきことはない。
少々アップダウンがあるくらいだろうか。それも箱根を越えてきたんだからあまり気にならないが。

茅ヶ崎駅近くのサティで補給。いちご大福が目に入ったので衝動買い。うめぇ。
そういえば茅ヶ崎リサってAV女優がいたな。

そして藤沢バイパスへ。
この藤沢バイパス、一見自転車通行禁止のように思えるが、そうではないらしい。
だがところどころ路肩が狭くなっている上に交通量は結構多いので注意は必要。
ところで俺は藤沢マリというAV女優が好きでな。

藤沢バイパスを抜け、吹上交差点を過ぎて少ししたところで分岐があるが、自転車通行禁止になるので戸塚駅方面へ。
一応もう一方の道もしばらく進むと歩道が出現するので、走ろうと思えば走れるのだろう。
すぐに合流するので、距離的にはあまり変わらない。

1号線をひた走ると横浜駅へ出る。
ここから明らかに車の数が増え、信号の数も増える為、非常に走りづらい。
が、もうちょっとなので辛抱。

そして多摩川で東京都の看板とお目見え。
081224_1645~0001遂に来たよ!
時刻は4時45分。18時までに着こうとラストスパートをかける。

五反田を過ぎ、
081224_1737~0001もうちょっとだ。
赤羽橋手前から東京タワーを撮り、
皇居の横を疾走し、
そして、

081224_1756~0001

到着。

なんとか18時前の17時56分に到着することができました。

081224_1804~0001小さくピースしているのがおわかりだろうか。

かかった時間は計41時間56分
走行距離は約540kmの長く短い旅でした。

SNSやメール、電話で応援をくれた皆には感謝しています。
また、某SNSで知り合い東京、横浜で会ってくれた方達にもお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。

流石に帰りも自転車、というのは精神的&身体的に参っていたので、東京を自転車であらかた観光してから宅配便で送り返し、自身は鈍行でまったり帰路につきました。
へとへとだったので、もう二度とやらん!と思っていたのですが・・・。


新たなチャレンジへ
スポンサーサイト
自転車で大阪~東京 | 【2010-09-08(Wed) 13:30:46】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

神奈川県から大阪までママチャリで行きます
15日に出発するのですが3日で着きますか?高校生 3年生です!
お金はどれくらい必要ですか?
寝とまりはどこでしたんですか?
2016-02-12 金 22:30:23 | URL | 高校生 #- [ 編集]
お返事遅れて申し訳ありません。
15日出発で3日の行程ですともう着いてるかもしれませんが、一応ご回答致します。

使ったお金は、最初から持って行ったものを除き、6000円ほどかと思います。
ネカフェ1500円、パンク修理1500円、飲食料3000円。
このくらいかなと。
もっと観光とかしていればもっと行ったでしょう。
寝泊まりはコンビニの仮眠とネカフェで済ませました。

もしまだ出発されてないようであれば参考になさってください。
2016-02-18 木 08:20:22 | URL | JestKT #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する