カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

JestKT

Author:JestKT
基本的に無茶をします。
だがそれがいい。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
アクセスカウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
【ロードレース】2012 シマノ鈴鹿国際ロードレース【ホビーレース】
シマノ鈴鹿国際ロードレースに出場してきました。
今回の目標は、アタックを何回も繰り返して逃げに乗り一桁順位を取ること。
国内トップレベルの方々と走るのはこれが初めてですが、
欧州遠征で身につけたモノでどこまで食らいつけるか、これが楽しみであり不安でありました。

結果から言うと、25位と散々だったよ畜生!ヽ(`Д´)ノ
まだレース展開が読めてないようです。

それではレポでも


スタートは午後3時とあっつーい時間帯から。
レース直前まで日陰にいて、しっかり水分補給&水浴びしてからスタート位置へ。
もちろん時間ギリギリだったので最後尾からのスタート。
でも、先頭には招待選手が並び、自動的にクラブチームは中程より後ろになる。
それならば暑い中微妙なスタート位置で待たずに、
ギリギリまで涼んでから並んだ方が体力消耗せずに良いんじゃないかなーと。
そして、風が強まる中レースはスタート。

今回はサーキットコースなので、道幅は凄く広いし、路面も超良好。
難しいコーナーは無いので立ち上がりもシケインのあとだけ。
アップダウンがあるけど、広島中央森林公園の方がキツい。
距離も10週で58km程度と短め。
風を遮るものがなにもないので、それだけが厄介かな。

1週目は、とにかくできるだけ前へ上がることを優先。
2周目で4人逃げているのが見えたので、少し遅れて追走してみる。

DSC_3083.jpg

DSC_3108.jpg

DSC_3113.jpg

しかし5人で5秒程の差しかつけられず吸収される。
スタートラインを1位通過して、名前呼ばれたのが今レースで一番輝いてたときでした^p^

3、4周目で集団に埋もれながらも脚を溜め、前の様子を伺うが逃げが決まらない様子。
途中オーストラリアのチーム1人と愛三の1人と飛び出すが、
ホームストレートで愛三の方がコーンに足を取られ落車。
直後を走っていた私は避けるすべが無く、
その方を思いっきり踏んづけて落車は免れる。すみません・・・。
しかしそれでオーストラリアの人と差が空き、ちょっと詰めれそうにもなかったので、
メイン集団にスルスルと退却。

その後6周目で10人程逃げたのかな?
それを追うためスピードが上がり、中切れが頻発し集団が崩壊。
結局招待選手と実業団選手20名程の先頭集団が形成された。
この20名が招待選手と実業団PTで走っている選手ばかりだったので、
クラブチームだらけの後続集団は追えるわけもなく・・・。
私も集団に埋もれていたので反応できず・・・。
更に前方でスピードコントロールされてスピードが下がり・・・。

その後集団活性化の為アタックを試みるも、
一クラブチームの私のアタックになんて皆乗らず。
結局最終週にAVEてんちょーと後ろ何人かで飛び出し、前方へ。
あとはローテしながら集団スプリントへ。

DSC_3313.jpg

DSC_3318.jpg

DSC_3322.jpg


そのスプリントも最後に1人に差されて25位に沈みましたとさ。
※危ないから極力下を向かないようにNE!

この順位(20位台)って、遠征中盤~終盤での安定順位なんだよね。
こういうレベルになると、今の実力ではこれくらいの順位しか取れないってことかしら。

集団のペースは6周目以外終始遅かったから脚はあったのに、
常に前の位置にいなかったから何も出来なかった。
もっかい位置取りを見直す必要がありますな。

DSC_3200.jpg

この先頭集団に乗らなければいけなかった。


DSC_3188.jpg

優勝者のティマー。
脚の筋肉の付き方が私とまるで違う。


あと、ちょっと他の人の会話で気になったことが。

今回のレース、いくら暑いとはいえ1時間半くらいで終わるのに、
ボトル2本とも途中で無くなったという人がチラホラ居た。
軽くするために意図的に無くしたのならわかるけど、
「無くなった」というのは少し飲み過ぎじゃないかしら?と。
俺の燃費がいいだけ?

でも国際出るような意識高い人なら上のレベルのレースにも出るだろうし、
100kmのレースなら4本必要な計算になっちゃうよね。
ピットで確実に補給を受け取れる自信があるならいいけど、
一々受け取りにいくだけで位置取りしなきゃいけないし、
万が一受け取り失敗すると焦りが生まれてレースに集中できなくなる。
だから、飲まずに走る練習も必要なんじゃないかなーと。

もちろん昔の部活動みたいに練習中に決して飲むな!ではなく、
あくまでも長いレースを想定して、水分補給を少なめにする、ということね。


8/26
走行距離:57.83km
所要時間:1:21:13
平均速度:42.7km/h
最高速度:62.4km/h



※写真提供して下さった方ありがとうございました!

スポンサーサイト
自転車レース | 【2012-08-27(Mon) 10:35:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。